スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽の趣味で落胆するとな? 

カテゴリ:音楽

 こんな記事を発見。
 以前書いたこの話題の続編的な?
 いや、別のサイトのニュースですが。

 自分と同じ趣味だったからと喜ぶ、ってのはまぁ、わかります。
 それは良いと思うンですが、そうでなかった場合に、(嫌いなジャンルであれ無関心ジャンルであれ)他人の趣味に「落胆」するのって、かなり失礼な話のよーな気がするンですが。
 これは回答者の老若男女や、そういった感想を持つ相手との関係に限らずね。
 趣味なんだから好きにすれば良かろうに。

 同じ趣味にしても、たとえばパチンコとか酒煙草とか、何か浪費癖があるとか、もっと言うならエロゲーやBL(爆)だとか、ともかくそういったものならまぁ、まだ仕方が無いかとは思うンですが。
 まぁ、これは落胆通り越して嫌悪感かもしれませんが。
 しかしそれが音楽ともなれば話は別でしょうに。
 いちいち落胆するって反応はどうなのよ?
 音楽をファッションと勘違いしてません?
 ……いや、ファッションなんだろうなぁ、彼らにとってみれば。
 ここに認識の開きがあるンでしょうね、恐らくは。


 まぁ、私みたいにヤンデレ音楽とかは流石に言い逃れできませんが。
 つーか落胆や嫌悪を通り越してドン引きされるのか?(笑)
 どっちにせよダメじゃん俺!

 結論:気にする必要は無かった。
 まぁ、面白い記事だったから紹介しただけです(そうは見えねぇよ)

この記事へのコメント

人間はグループ分けを気にする生物ですし、文化は所属する階級を表示する機能を担ってきましたからね。個人的な趣味の話であっても、それを他人に表明するとなれば、「仲間とそれ以外」などを判別する手段として使われてしまう、という面はどうしてもあるのでしょう。アイドルグループの音楽で盛り上がってる集団のなかで、「僕はクラシック音楽のほうが好き」とか表明したら、たぶん異物と認識されるでしょうし。

まあ、すでに異物認定されてる人間としてはどうでもいいことですけどね、ええ(開き直り)。

 そーいえばそういう面倒なのがありましたねぇ……忘れてました(ぇぇぇぇ
 異物認定されてから早十余年、そのような感覚はとうに消え失せておりましたわ。
 いずれにせよ今の私にとって、音楽聴くのはライフワークレベルの事なので、人に合わせるとかとっくの昔にできなくなってると思います。

 ただ、たとえば記事の話だと、相性云々は共同生活するような関係になるなら、確かに重要かもしれません。
 私なんか、将来パートナー(できねーだろ)に、車や部屋で同人音楽流すのやめてなんて言われた日には「君は車乗るな☆」で終わりですからねー(笑)
 そう考えると、相性の悪い音楽趣味を避けるのはある意味正しいのかもしれません。

 だったら避けてもらって良いです、マジで(笑)

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。