スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMEはとっくにオーバーフローしてます 

カテゴリ:PC&ネット一般

 某先生が話題に出してたので私も。
 かなり過去形なんですが(笑)

 今年の冬くらいに突然、登録単語の一覧が出力できなくなり、この症状と同時に学習していた変換(カタカナとか優先候補とか)が全部吹っ飛びました。
 その後はちょっと苦労しましたね。私のPCじゃないみたいでw
 今はそれなりに落ち着いてますが、次は辞書が吹っ飛ぶでしょうから油断できませんね(の割に暢気ですが)

 暢気な理由としてはまぁ、1年前くらいの辞書をバックアップ取ってあるからですね。
 ボカロ関連とアトラス関連の単語が全部吹っ飛んだのが痛いですが、日常的に遣いまくる単語は限られてますし、まぁ問題無いかなぁとか。


 あと私の場合、その1年前の辞書を思いっきり弄れば、登録数には相当な余裕ができる、というのも暢気な理由です。
 というのも、無駄な単語群がかなりあるンですよね。
 具体的には、

・昔のRPGのスキル名とかそーいうの
 主にAAA作品とテイルズ。
 閃空裂破とか、もう滅多に使わないだろ(笑)

・ネットに落ちてた辞書(テキスト形式)から登録した東方系の単語がいっぱい
 チェックせずに登録した私が悪いンですが、明らかに使わない変換を結構大量に登録しちまったンですよね。
 あくまで私の使用目的で、ということですが。
 芳華(なんでこれ単体?)とか、そーいう無駄単語が結構入ってるので、これでかなり消えます。
 符名の一部も消しても良いかも。
 あと一番重要なのが、私の落とした辞書には「@キャラ名」で変換すると→そのキャラの所持スペカやテーマ曲名なんかがズラリと出てくるのがあるンですが、私の場合は別に要らないという。
 多分これだけでも物凄い数に。

 これら全部消すだけで容量の3割4割はゴッソリ消えるンじゃないでしょーか。
 あと、一部のカタカナ単語は登録する意味無いンで、消してしまっても良いかも。キャラ名とか。
 そんで、また登録し直しになるアトラスもボカロも登録控えめにすれば良い(笑)

 もう今のIMEの登録単語は殆ど出力できない状態ですし(これでも新規登録できるのが怖すぎるw)、リスト化するのも一苦労なのでやりません。
 飛ぶならいつでも飛んでくれ。



 ところで、ちょっと面白いオーバーフロー対策を考えてます。
 まだ詳しく調べてないので個人で簡単にできる技かどうかわからないンですが、「ユーザー辞書とは別に、単独の辞書ファイルを作ってしまう」というもの。
 ちゃんとしたdicファイルの作り方を調べるところから始めないといけんのですけど(笑)
 ゲームの単語とか学術用語なんかは、ジャンル別に一まとめにしちゃえば凄く便利だし共有もできるし、オマケにユーザー辞書の容量削減にもなる、と良い事ずくめなわけで。
 これやればカタカナ語なんかも問題無く登録しまくれますしねー。
 余裕があったら試してみようかなーと、ずっと以前から思ってるンですが、最近散々言ってる通り忙しいのでなかなか時間が作れませんわ。
 NEETの間にこーいう事やっとけば良いのにねぇ。

 IME自体の性能が上がってくれれば一番良いのですけどねー。
 64kBって少なすぎるだろう……。10年も使ってれば行くぞ普通(というか、行ったからこうなった)
 まぁ、前のPCの辞書を引き継いだ時点で覚悟はしてました(笑)

 今は、PCを買い換えるまでこの辺の作業や調査を放置するか、それとも余裕を作ってさっさとやってしまうか、迷ってる状態です。
 最低でも来年の今頃くらいまでにはPC買いたいンだけど、キツいかなぁ……。
 さすがに半年も遊んでしまったのがなー(笑)



 今日の1曲。


 楽しい! 喋りうめぇ!
 そして何より口笛うめぇ!
 リンで口笛は難しいって前にどっかで聞いたことがあるンですが、普通にうまいぞこれ……。努力の結晶か。

この記事へのコメント

ちなみにですね

うちのIMEがオーバーフローした原因は、
自分で登録するユーザー辞書じゃなく、学 習 結 果 の容量オーバーでした。
辞書登録の内容は実際かなり少なくて、
特殊な変換はことごとく学習機能に頼ってた状態だったので、
辞書よりもむしろ、そういう学習機能が消えた方が厄介でございました。

という訳で、むしろ私はオウカ君とは逆に、
今まで学習させてた変換を全部ユーザー辞書に登録してしまう、
という方策を考えてたりします。
完全に辞書頼りの変換なら学習量も少なくなるし、
辞書の方をこまめにバックアップするだけで消えた時の対策は万全だと思って。

……でもぶっちゃけ、時々消えてくれると、
再登録の時に要らない変換が削ぎ落とせるので
結構便利かもしれないとも思っていたりする。

 学習分だけでオーバーフローさせたンですか、それはそれで凄いですね。


 結論:どっちもどっち。


 というか、我々どちらも、自分がどちらの機能にどれだけ頼ってるか把握していればオーバーフローを防げたのでは(爆)
 極端な使い方が災いしている悪い例ですねぇ。
 いや、見ればわかるとおりこの状況を結構楽しんでいるので別に構いませんが(滅)

64kBって

16bit時代の残滓を引きずっているだけだと思うんですけどねえ…。
そんなの、Win2000以降限定対応にした時点で問題なくなるはずなんですが。

…まさかSO1よろしく、コア部分が一から作り直さないと
リメイクできない構造なのではとか想像したりしてますはい。

因みに2年ほど前、学校のレポートを大量に書いた後に学習機能の方で経験してます。
普段打たない言葉の羅列は効きますね(汗)。

 いや、いくらなんでもこんな下らないところをコアから直さなきゃならんってことは……無いと思いたいですね(笑)

 私のIMEさんの状況を見る限り、学習側は本当に巻き込まれて死んだだけかなと(その後全く異常無し)。
 ユーザー辞書の方は「ファイルとしては存在していて(管理がWindowsなんだから当たり前、別に容量がいくら増えても関係無い多分)」、「ファイルの中身も読み込んでいるし新しい項目も書き込んでいる」んだけど、「ファイルが壊れていると認識している」または、「64kBごっそり無視して、余剰分の容量だけを認識している」って感じに見えます。
 あくまで見えるだけですが。
 まぁ、そーいう挙動をしていたからってすぐ直せるという結論に達するには早い気もしますが(笑)

 dicファイルをテキストに変換でもして中身読めれば良いンですけどねー。やっぱ無理かなー。


 RYOさんは我々以上にジャンルが手広いから余計に厄介でしょう(笑)
 学習にせよ登録にせよ大変そうだ。単語数も用法も半端じゃないし。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。