スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・女神転生3プレイ中 

カテゴリ:RPG等

 一昨日時点で「明日のお題」とか書いておきながら、昨日は気付いたら物凄い眠気に襲われていたので寝ました(爆)
 というワケで、予定していたお題を今日。

 真・女神転生3の、マニアクス クロニクル・エディション(ライドウvsアバドン王に同梱されてるやつ)です。(以下マニクロと略す)
 めちゃくちゃ面白いですねー。すっかりはまってしまった。

 背景を説明しますと、私がプレイしたアトラスのゲームはこれが……5本目かな?
 しかも女神シリーズとしては2作目ですので、昔からのアトラスファンとは結構食い違った評価の可能性は高いです。
 まぁ、いつもの事ながら気にせず行きます(笑)

 最初にプレイしたのはステラデウスですが、アイテム合成に疲れた・バトルもキャラメイクも合わなかった、という理由で途中で投げてます。
 世界樹の迷宮は1作目本編クリア・深部は途中放置(そのうち続きをやりたい)。2作目は裏ボスまで撃破、図鑑あと一桁という所で放置。レベルも相当に。

 デビルサバイバーに関しては、まぁ鳥篭に詳しく書いてますが。
 1周クリア済みで周回を重ねつつ、イベントを見たり悪魔を埋めたり趣味で変な悪魔作ったりしてるので長々やってます。
 まぁ、今はマニクロを進めているので中断。

 ペルソナのアニメ、トリニティ・ソウルは全部見てます。ってか大ファンです。サントラ持ってるしよくカラオケで歌うし、DVDも少しずつ買ってるレベルで。
 これがあったので音楽にはかなり期待してました。

 ちなみに、女神シリーズはプレイしたら生活が崩壊する自信があったので、職を持っている間にやる気は皆無でした。
 暫く仕事が見つかりそうもなくなったらやろう、と思っていたので今回デビルサバイバーに手を出した次第。
 そのまま我慢できなくなって真3も! というパターン。


 そんな人間ですわー。
 という前提で、マニクロの簡単な感想など書いときます。
 固有名詞を出してのネタバレはなるべく控えめで、環境やシステムなどを中心に。
 発売から時間が経っているのにネタバレ関係あるの? って言われそうですが、プレイ意欲があるけどプレイできてない、および現在ちょうどプレイ中、という友人が身の回りにいますので。
(※この記事に何かコメントする際はその辺も配慮願います。特に、初版の真3しかやってない人がいるので!)

 なので進行状況も書きませんが、プレイ60時間越えてるのでそれなりの場所にいます。察してちょ。

・戦闘の難易度関係
 まず、ノーマルでプレイした感じ、本編の難易度はそう高いとは感じませんでした。
 あくまで本編はね。……あと、私から見て、ですけど(笑)
 何箇所か初見殺しや辛い長丁場もありますが、前者は見てから対策すれば二度目は無いし、後者は工夫次第でどうとでもなる(ついでに言うならそれって凄く私の得意分野)ので、別段苦しいとも。
 ハードだと別世界が展開されてそうですけど。一度やってみる価値はありそうだと思ってます。

 本編以外に関しては、流石に(笑)
 マニアクスの追加要素と思われる部分は結構難しめですし、私の好きなタイプの燃える戦闘が多いので大好きです。
 これ、ハードにしたら何度も詰まるかもしれん(笑)

 まぁ、基本的に
戦ってみる→対策する→再戦して叩きのめす
 という戦闘ですよね。
 まぁ、私の場合は悪魔育てる方を完全に優先しているので、勝つための戦闘というよりは如何に手持ちの(育ててる最中の)悪魔で進めるかって所の方が意識してますけど。
 何気にそっちの方が制約が大きくて楽しかったりします(爆)

 完全に対策するための悪魔でパーティ作ったことは殆ど無いなぁ。1回だけ完全に詰まった時だけか。

・悪魔の作成関連
 楽しすぎて吹いた。
 ステラデウスのアイテム合成やデビルサバイバーの悪魔合体をやった後なので余計にそうかもしれませんが、とにかく楽しめる要素が多すぎです。

 デビルサバイバーと違って同じ悪魔を二体以上同時に持てないので、たとえば合体の素材用と実践用が両方いる、とかは出来ないわけです。
 また、悪魔全書への登録も1体につき1種類のパラメータだけなので、これを利用するのもなかなか難しい。
 これも醍醐味の一つですけど。

 その分悪魔の種類は恐ろしい数に上りますね。
 デビルサバイバーでは少しだけデータ取ったりもしてましたが、マニクロでは完全に放棄してその場その場でやってます。
 今いる悪魔をどう運用するかの計画程度はメモしてますけど。
 スキルの数も明らかにデビサバより多いですし、その意味でも考える要素がなかなか多いなぁ。
 全書埋め狙うとすると相当な時間が掛かるなぁ、これ(笑)

 その悪魔全書は、手を抜くのに向いているので楽です(爆)
 まー、これがあるならスキル引継ぎ時の選択は要らないかねとか。

 合体時のスキル引継ぎがランダムなのは、1体1体を作る上ではちょっとキツい(笑)
 まぁ、デビサバのようにコマンドと自動発動に分かれたりしてないので、頑張れば完全に好みの悪魔を作れるのは良い感じ。
 私の性格知ってる人なら、どんな悪魔が出来ているかは想像できるかも?(笑)

 特定条件による合体悪魔の変化や生贄合体システムは非常に良いですね。
 特に生贄。レベル調整が出来るのは大きい。
 レベルアップ時のパラメータがランダム変化しやがるのでスキルと合わせて余計にランダム要素が大きくなる畏れはありますが、普通にレベル上げた場合でもレベルアップ時の上昇はランダムですからあんまり関係無いかなぁ。
 デビサバではパラメータを弄り倒して遊んでましたが、今回殆ど気にしてません。
 初期値である程度の方向性は決まるし、あとはスキルがあれば良いやって感じ。
 多分最終的には気にし始めると思いますが、そんなん後だ後(笑)

・育成
 作成後にしても引き抜いた悪魔にしても、育てる楽しみが大きいのも魅力。
 デビサバは作成後1~3Lvほど上げたところでスキルは覚えきってしまいますが、マニクロだと最大6Lvくらい?
 それだけならまだしも、レベルアップ時にスキルを変化させる奴がいたり、ポケモンのように進化したり、レベルアップ時にアイテムをくれたり。
 こんだけ数が多いのに、1体1体に愛着が湧いてしまう(笑)

 その分、主人公のレベル上昇が早過ぎるのがちょっといただけないです。
 パーティ内のレベル差がどんどん開いてしまう……。
 主人公よりレベルの高い悪魔を勧誘できない・合体で作れないという制約があるので、主人公のレベルは上がりやすいのはわかるンですが、上記の通り悪魔の育成が非常に楽しい上に悪魔の種類が恐ろしいほど多いですからね……。

 対策悪魔を作ろうとするとレベル上げ作業が入ることがあるので、そういう理由でも手を出したくなかったりしますね。
 手持ち悪魔で挑む分にはレベル上がらんし。

 まぁ、あれだ、これは周回をしろということでしょうか?(爆)
 まぁこのゲーム自体かなり気に入ったので、受けて立っても良いンですが。それなら主人公のレベルがどんなに暴走しても気にする必要無いからなぁ。

 ただ、(ネタバレにつき言いませんが)ある要素によりちょっとマニクロでの周回はしたくなかったりするので、迷うところ。
 クリア後に人に色々と聞いて決めるかね?(笑)
 流石に攻略サイト漁るのは今の段階では嫌だなぁ。

・シナリオ
 これまた大好きです。
 デビサバとはまた大きく方向性が(シナリオそのものも、進め方も)違いますが、これも良いですねー。
 なんという謳禍ホイホイ。

 分岐も結構ありますしねー。前半~中盤がどの程度分岐するのかは流石にわかりませんし、あんまり無さそうな気もしますが、終盤はパターンかなりありそう。
 デビサバのように3周も4周もできるレベルかどうかはまだわかりませんけど。(というかメインシナリオ的に、デビサバほどの分岐やサブイベントの自由度は流石に期待していませんが。ってかこのシナリオと選択肢の数で、あのレベルの分岐があったら神だw)

・音楽
 全体的に使ってる曲は良い、ってか捨て曲が無いくらいなんですが、一部のダンジョンで無音、或いは効果音オンリー(一応曲なのか? 的なものも)なのがちょっと気になりますね。
 そういうダンジョンに限って物凄い長丁場だったり……(笑)
 無音や効果音が逆に良い感じのダンジョンもあるにはあるンですが、数が多すぎる&長いダンジョンではプレイしてると飽きてくることもあります。
 もう少しダンジョンに曲が欲しかったかなぁ。
 まぁ、こんだけ統一されてるので、間違いなくわざとでしょう。コンセプト的には面白いとは思います。

 戦闘曲は全体的にヤバいですね。大好き過ぎる。
 雑魚戦でも場所によって数パターンありますし、言う事なしの出来です。
 今までやったアトラスのゲームの中では一番好きかも。
 大昔(それこそ学生時代)伽瑠が初版をプレイしてるのを見ていて、それで曲のことは多少知ってたンですけどねー。
 全編に渡って良かった。

 ペルソナTSのような綺麗綺麗した曲はあんまり無いですね(笑)
 まぁ、ダンジョンが効果音系多いし、このシナリオではイベントで流れることも期待できまい(爆)

・その他
 PS2にしてはセーブ&ロードは結構早いですかね。
 でも、セーブ後にターミナルが回転する映像を切れたら完璧だったと思う(笑)
 あの演出は良いけど、何百回も見てると多少見飽きますね。

 あとはコンフィグできる部分が少ないかなぁ。
 デビサバの方が後から出た作品だから仕方ないけど、どうしても比較してしまうと、デビサバはコンフィグ可能な部分がピンポイントで欲しい部分なので(笑)

 今ある設定は、あれはあれで必要ですけどね。
 物理無効の悪魔とかがいるゲームなので、オートリピートかカーソル位置の記憶のどちらかは確かに必要ですし、バイブレーション設定が無いのはいくらなんでも非常識。
 でも個人的に、この辺よりもメッセージの速度調整が欲しいです。遅すぎるなぁ。
 メッセージ表示されるたびにほぼ毎回○押してます。
 おかげで、実は短かった時に読み飛ばしてしまったり、変な選択肢を選んでみたり(爆)


 ネタバレ少なめで行くならこんな所でしょうか。
 軽めで済ませようと思ってたンですが、結構な量になったなー。
 まぁ、楽しんでます。
 とりあえず今度リメイクされる初代ペルソナは確実にプレイしようと思うくらいには(笑)
 中毒性が大体わかったので、次は在職中でも問題無いだろー。と予想。



 さて、次回のお題。
→先日の作業用BGM集と似たようなので、今度はミク版を執筆中。近日公開。
 流石に1日では無理ですので、数日お待ちを。できれば週末中にあげたいですねー。

この記事へのコメント

ペルソナTSと原作のペルソナ3の音楽を担当された方は別ですよー。
そして、アニメ担当の岩崎さんはアトラスの中の人ではありませんです。
劇中でP3の曲が少し使われていましたが、あれはファンサービスのようなもので。

 あら、完全に無関係だったンですか。
 流石に調べるべきだったかな……。申し訳ない。

 ただ、曲の雰囲気とかその手のものが被ってさえいれば作曲者が別人とかでも別に構わないとは思っているので、そういう意味ではペルソナシリーズの曲には期待してたりはします。
 実はペルソナのゲーム画面とかって、見た事が全く無いンですよね。
 フーキさんが稼いでた話しか知らない(爆)

>劇中でP3の曲が少し使われ
 そうそう、この話は(伝聞で)知ってたのでちょっと勘違いしてました。


 ともあれ指摘どうもです。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。