スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dream Port 2008横浜 

カテゴリ:同人以外

 まずは無事に帰還しました。もう家です。
 そこが一番重要だよね! 生きてますよん。
 某氏にも言われたが、家に帰るまでがゴールデンウィークです。俺みたいなのは特にね(笑)

 というワケで、梶浦由記×Sound Horizonコラボライブ「Dream Port 2008」横浜公演へ行ってきました!
 ↓↓いつもの隔離ー!↓↓









































 今回マジ良かったァー!
 というワケで大満足でした。
 以下雑感。
 あ、曲目とか全く書かないので、レビューって感じじゃないです。かなり。
 データベースとしては全く使えませんのでそっち目当ての人はごめんなさい。



○梶浦side
 そもそも、梶浦さんサイドとSHサイドで完全分かれてることがまず意外だったンですが、2秒考えたら当たり前でした。
 という話を青色としたンですが、要はバンドメンバー全員違う(歌姫も1人しか被ってない)し、器材だって別に共用ではないだろうと。
 全編コラボとか普通のステージじゃ無理だよなwww
 曲が始まっちまえばそんな事は気にもならなかったので問題無かったですよ。

 梶浦さんの曲って、意識して知ってるのは3曲くらいしか知らない(全部今回演ってくれた。ちょっと嬉しい)ンですが、聞いた事の無い曲も私好みのが多くて良かった。
 っつか! 梶浦語とか俺のツボ過ぎるンですけど!?
 意味を持った言語としての詞という物に然程思い入れが無い私としては、ああいった「音楽にあわせた(言語的意味を持たない)詞」ってのは大好物なのです。
 その辺は時々絶叫してるから今回は省略(笑)
 で、そういった曲が! 多いンですと!?
 ……サウンドトラックとかは漁り始めるときりがないのでやりませんが、プロジェクトのCDは是非漁ってみよう。
 これは色々聴きたい!

 車検前に金使う事を作るな俺www
 相手が音楽では仕方が無いがな!

 あと梶浦さん面白くて素敵な人ですね!
 なんか周囲の座席から可愛い可愛い連発されてましたが、実際あの人すげェキャラ可愛いと思う(笑)


○サンホラside
 今回のコンセプトはセルフカバーだとかで、アレンジ(リミックス)して色々な曲が乱れ飛んでました。
 SHだけでなく、Revoさんの手がけた他のプロジェクトから何曲か。
 つーか今回全部1曲ずつは使ったよね。豪華。
 かおりヴァイアが似合いすぎて困る。
 まぁ、実際以前にもポカフェリや霧の曲はやってましたが。リヴァイアは珍しいな。

 全体的にはいつものノリで、ネタ成分が若干少なめな感じ?
 SHのライブに一度行った人ならあの空気って事で察してください。
 あんなん文章にし始めたら長くて死ぬわwww





 さて
 普通の雑感はここまでにして
 以下
 アンコールのネタバレするから追加公演やDVD待ちの人は全力回避推奨。























































 過去最高のアンコールだったッ!!
 絶叫。言葉にならない何かを絶叫。
 ああ声枯れてて出てねーやハハハ。

 申し訳ないが曲目も含めてネタバレ全開します。


 SHファンにはお馴染みの、いつもの長いアンコール。
 ああファンの手の平が真っ赤だ。いつものことだ。

 最初のアンコールは梶浦side!
 曲は緋色の風車

 と思いきや

 何か混じってるー!?
 なんと、少年は剣を…の1枚を”混ぜた”曲、という。
 と、なんか冷静に解説してますが、会場で実際聴いてた俺は脳の血管がタコ足配線になってました。
 こんなん予想できるか!www
 熱狂の1曲、何分の曲だったのかもわかんねーくらい沸騰して、終了。
 
 どうでも良いですがこのタイミングで右手が動かなくなりやがった(リアルで)のには殺意を覚えたので俺の右手は次回はもう少し頑張ってください(笑)
 あ、左腕振り回しました。仕方なく。
 あとついでにヘドバンのし過ぎで頭痛かった(これは結構前半から)ンですが、この辺でトドメを刺されました。
 トドメ刺されても振り回してましたが頭。


 そしてお次のSHサイド

 ってこっちはネタかよ!?(笑)
 「ヤンマーニ一緒だったのに」とか、うちの陛下はアホかwww
 しかも「誰でも思いつく」とかねーよwwwその発想は無かったわwwwww
 更に、発想ネタなのに曲がいいから困るwww
 いやまぁ何せ原曲が神だし、アレンジが陛下クオリティだから良いに決まってンですが。

 しかもこの曲の途中にいつもの国家(サビのみ)が。
 ……国家なんですが。
 スクリーンに。

”Gloria Yuki Kajiura”

 1秒未満で気付いて、その瞬間には曲にあわせて裏声で歌ってた!
 表声は枯れてて出なかったんだ!
 冷静だな俺! ちなみに何も考えてなかったよ!
 その発想も無かったけど、これは素直に陛下すげーと思いました。

 これまた興奮のままに1曲終了。
 最後に新曲(砂塵)を今回のコラボメンバー全員参加でやって終了。

 あー。もう言葉とか要らんだろ。

 SH単体の時は長々と色々(カラオケとか)やるけど、アレは無かったです。当たり前だが(笑)


 ともあれ。
 かなり魂抜けました。

この記事へのコメント

おつかれさまでした

ライブお疲れ様でした
自分も無事帰宅しましたー
昨日のFictionJunctionさんの1曲目が名前うろ覚えで調べてるんですけど見つからない・・・
新曲なのかな・・・

とりあえずこれからオフレポ書こうと思います( ・ω・)

 お疲れ様でしたー。

 私も予習とかゼロなんで、知ってた曲は八代さんと大差無いっす。
 日記に曲目書いてないのはそういう理由もあり(笑)

 M3後にでもかなり気合入れて調べる予定。
 書くためじゃなくて聴くためですけど!
 CD買うぜー。

おつかれさまっしたー

> 梶浦さんの曲って、意識して知ってるのは3曲くらいしか知らない(全部今回演ってくれた。
えぇー、Callingは~?
まあ、楽曲提供だけの曲は勘定に入れてないだけだと思うけど、本気で気付いていないかもしれなかったので突っ込み(笑

>意味を持った言語としての詞という物に然程思い入れが無い私としては、ああいった「音楽にあわせた(言語的意味を持たない)詞」ってのは大好物なのです。
それならNowhere知った時点で、はまろうぜ(笑
何故Nowhereが流行ったのかと!
しかし、それなら某世界樹とか手を出すのもいいかもね。あれ歌のためだけに言語体系作ってるし。まあ、ゲームの方はあれだけど(笑
サントラなら手を出すのもいいかもねー。

 ああ、Callingは勘定に入れてない。
 流石に知ってるっつの(笑)

>某世界樹
 って言われても俺ゲーム業界とか全然詳しくないから何のことだかサッパリわかんねー。
 kwskkwsk。

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。