スポンサーサイト 

カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下級者向けダブルスポイラー講座 

カテゴリ:東方シリーズ(最新2作くらい)

 いや、つまり私がどーいう方法で弾幕を簡略化しているか、なんですが。
 これが無かったら、私は文花帖システムでは現状の半分も攻略できまいよ。

 避ける、撃破する、パターン化する、といった話を一旦置いといて、弾幕を如何に簡略化するか、という事に重点を置いてプレイすることで、東方はかなり難易度を下げられますよね。
 最初に弾幕の簡略化手段を作り出して、じゃあそのためにどうやってパターンを組むか・結果的に撃破するか・あとは残った余裕で回避するか。という順番。
 普段のSTGシステム側だと、苦手なところにボムを多数集中する決めボム戦術なんかはその顕著な例ですよね。その目的は弾消しによる生存でもボスの瞬殺でもどちらでも良い。


 で、ダブルスポイラー、つーか文花帖システムは、この傾向が特に顕著なワケです。
 というのも、他作品で言うボムに当たるものしかないですからね、攻撃手段が。
 攻撃と弾消しが常にセット。
 となれば、撮影する機会には弾消しを最大限に意識して、それによって得られた隙や弾幕の隙間を最大限に利用して生き残る。
 これが出来るか出来ないかで文花帖システムの難易度は激変するはずです。

 と、いう話。以下。


○弾幕が激しいときに撮影するに越したことはない
 当たり前ですよねー。
 消す弾が多ければ多いほど、有利になる。普通は。

 問題は、そこに意識を集中しすぎると死ぬって事なんだが(笑)
 弾幕が激しい時ってのは、当然ながらボスに近づくことは難しい。
 じゃあ遠隔撮影、と行きたいところだが、アレにはデメリットがあり、
・フレームを伸ばしてる間に、或いは撮影直後に自分の付近の弾に被弾する可能性
・距離が伸びれば範囲がどんどん狭くなる→撮影1回で消せる弾の範囲と数が減る
 という。
 遠隔撮影をするにしても、なるべく伸ばす距離を短くしたいワケです。

 弾幕にもよりますが、「弾幕の最大展開時」に消す必要の無いパターンも多いです。
 最大展開する前に一度近づく機会がある、なんて弾幕もあり。
 そーいうときに撮影して消しておき、最大展開された弾幕では撮影を無視して回避に集中! なんて手も。
 集中力は悪いが比較的気合能力が高い、なんて人にはお勧め。


○失敗写真は積極的に(むしろ狙って)撮りに行くのも手
 失敗写真はデメリットばかりではない、つーか大量のメリットがあります。

・好きなように弾を消せる
 ボスや自機のいる位置なんかお構いなし。
 とにかく、その場にあってほしくない弾を消す!
 自分の周囲を消して緊急回避、ってな使い方が比較的多いとは思いますが、他にも「これから来る予定のウザい自機狙い弾に死んでもらう」なんて手もありそうです。
 ソレ使って穴空けないと回避できないパターンが発生する可能性のある弾幕もあるよねぇ。

・失敗写真を撮った直後はフィルムが回復している!
 成功写真だけをひたすら撮り続けていると気がつかないンですが、失敗写真、実はフィルムが成功写真よりも早めに回復します。
 いやまぁ操作説明のとこにも書いてあるけどさ。

 これ、案外重要。
 というのも、前回弾を消してから→次の弾幕が発射または充填されるまでの時間って、結構ラグが大きいンですよね。
 成功写真だけを撮り続けてると、次の弾幕を掻い潜って、或いは近づけないからと遠隔撮影をして、といった危険を伴う。
 それに対し、一度失敗写真で自分の周囲だけでも弾幕を消してやることで、次の弾が来るまでの時間を稼ぎ、次は比較的安全にボスを撮影できる。
 と、いうようなパターンはかなり多いです。
 特に、弾速が遅く、画面に残りまくる弾幕で顕著。
 冷静に自分の周囲を撮影しまくって待ってると、いずれ好機が訪れる。

 ……ま、回避回数は減るけど、タイムリミットに引っかかる可能性は上がりますけど。時間が経てば経つほど不利になる弾幕もあります。
 また、弾速が速い場合は無駄に回避回数が増えるだけになるのでお勧めできません。
 ともあれ、手段の一つとして持っておきましょー。


○撮らない方が良いタイミングもある!
 上の2つと相反する話ですが……。
 二段階で展開するような弾幕で特に多いですが、次のアクションで確実に分厚い弾幕が来る! とわかっている時だって勿論あるわけで。
 辛いけど今は気合で耐えるしかない! ということは多々あるはずです。
 そーいうときは気合でどーにかするしかありません(死)

 基本的に、弾が連なって発生して隙間が小さいパターン(私は弾壁と呼んでる)は、失敗だろーがお構いなしに撮影して消してしまった方が良いです。
 で、気合弾幕の場合は特に、常に弾壁が飛んでくるパターンは少ない。
 完全に運という場合は勿論ありますが、ある程度のパターンを踏んで弾を撒いてくる場合は一定の手数の中の一つが弾壁、という場合が多いように思います。
 そこを集中的に撮影で消す、とやっていれば、それだけで生存率は上がるはず。
 弾壁以外のパターンの時に如何に撮影せずに生存できるか、が鍵になってきます。
 我々下級者は弾壁なんか抜けられると思わない方が良い。運で抜けられたらラッキーと(笑)


○成功失敗を問わず、撮影時は自分の周囲を見る!
 これも重要。
 撮った写真が成功か失敗かを見極める必要はあります(フィルムの回復に関わるので)が、同じくらい重要なのが、(特に自分の周囲の)弾の配置。
 撮った次の瞬間死んだー、は勿体無い。
 撮影した瞬間は失敗成功を問わず一瞬画面が停止するので、この瞬間に可能な限り現在の状況を把握しておきましょう!
 あの一瞬で得られる情報量、実は半端無いぜ。


○フィルム高速巻きに頼り過ぎない!
 あの超低速移動はなかなか使いこなせるものではありません。
 フィルムの回復速度は上がっても、その代わりに被弾していたンでは意味が無い。
 普通の低速移動や高速移動を疎かにしてまで高速巻きをしないよーにする必要があるワケです。

 高速巻きを多用すると有利な場面は、失敗写真連発による隙間拡大や、次弾が来るまでに間がある場合、あとは超低速でも問題なく回避できる単純自機狙い弾などでしょうか(最後のは今回あんまりありませんが)
 逆に弾速の速いガチ気合弾幕では、高速巻きは一旦無視して回避に集中した方が生存率は上がることも。


○回転を使おう! ただしそれなりに。
 今回の新システム、フレームの回転。
 これは使いこなせればかなり使えるシステムです。

 文からボスに向けて、撮影範囲が横長か縦長か、というだけです。
 だけですが、これはかなり使いでのあるシステム。

 下級者向け講座ですので、とりあえず縦長を薦めておきます。
 というのも、縦長範囲であれば、遠隔撮影を使わなくても結構な射程で撮影できる。
 結構な距離でもボスを撮影でき、その際には自分とボスとの間の弾も全部消せるので、撮影の成功失敗は一旦無視してとりあえずの安全を確保するにもお勧めです。
 ボスの動きが気まぐれな場合、運がよければ撮影範囲に入ってるかもしれないし。
 気合中心になる通常弾幕では割とそーいうのが多いので、適当に撮ってるだけでも撃破率は上がるはず。

 逆に横長のメリットはというと、ボスを中心に撮影する場合に特に顕著なんですが、巻き込める弾の数が増える傾向があります。
 まぁ、弾幕の形状によりますが。
 弾を多く消せる、ということは、概ね得点の上昇に繋がるわけですよね。
 得点なんか気にしている余裕の無い我々下級者は、横長のことは一旦忘れて良いでしょう。
 とりあえずそのシーンをクリアしてからだ(笑)

 さて、初期状態ではフレームは横長になってます。
 ではステージ開始早々にフレームを縦長にすべきなのか?
 答えは、そーでもない。
 弾幕の薄い開始直後であれば、展開直後の厚い弾幕をまとめて消せる可能性が高く、この場合は縦でも横でもさして関係はありません。
 1枚の差が貴重な我々下級者にとって、1枚目を安全かつそれなりに高得点で撮影できる、というメリットは捨てない方が良いでしょう。
 弾幕によって使い分けるが吉。
 まぁ、面倒ならさっさと回転させちまっても構わないと思いますが。

 また、成功写真を撮った直後、フィルム高速巻きが有効になるまでには若干のタイムラグがあります。
 1枚目撮影直後の、このタイミングを使ってフレームを縦長に回転させておくと時間の有効活用になりますね。

 他にも、徐々に弾が厚くなっていくタイプの弾幕では、自分がボスに接近する余裕が無い程度の厚さになったところで縦長に切り替える、なんて方法もあり。

 また、1枚目から逃げ腰だと、ノルマを達成できない可能性も上がってきます。
 1枚目で最高得点を狙って、それでとりあえずノルマを達成しようという手は結構有効。
 特に「1枚目だから死んでも良いやー」理論でリスクショットを併用する場合は尚更です。
 ボスに最大限近づいて横長で撮影、そして後退しつつフレーム回転。以降は安全に縦長で撮影。回転のことはそのまま忘れる。
 これ、下級者には割と重要なテクニックかなとも。

 勿論、最初から全開で高速弾がこちらへ向けて放たれるタイプの弾幕であれば、こちらも最初から縦長にしておいた方が楽かもしれません。
 また逆に、ボスの周りをウロウロしながら撮影することが必須の弾幕もあり、こちらの場合は横長オンリーの方が得点的にも広範囲の弾消し目的としても横長のまま放置が有効になったりもするでしょう。

 いずれにせよ、下級者は1シーンの中で何度も何度も回転させる必要はありませんよね。
 有利な方に一度固定したら後はそのままで、回転ボタンの存在は忘れてしまいましょー。
 ……忘れすぎて、一度死んだ次の挑戦で回転させるのを忘れてしまわないように(笑)
 スコアラーの人なら、頻繁に切り替えながら両方使ったりもするンでしょうけどね。

 ちなみに、ボタン同時押しやそれに近い行為は概ね有効です。
 回転→撮影、と一瞬で押せれば、周囲の状況判断して一瞬で得点の高い方に切り替えつつ……なんてプレイが……できたらなぁ(笑)
 今の私には無理だな。
 他にも、フィルム巻いてる間に押す、移動しながら押す、なども。
 あ、フレーム伸ばしながらはどうだろ? 試すの忘れた。


○自機の位置取りに注意
 ボスの斜め下に長くいると、ボスから放たれる弾は斜めに飛んでくるわ、ボスまでの距離が長くて撮影が難しいわ、と不利要素だらけ。
 ボスの真下にいられるに越したことはありません。
 勿論、ボスの真下が確殺地帯という弾幕も多々ありますし、常に移動しつづける必要のある弾幕では全く当てはまりませんが。
 単なる気合弾幕なら、とにかく(失敗写真を駆使してでも)ボスの真下を常にキープするだけでかなり楽になるはず。
 まぁ、それによって死ぬよーでは困りますんで、適度にですが……。






 以上、こんだけやれば、初見気合では無理そうな弾幕も結構な確率で潰せます。
 さすがに完全パターン必須弾幕に対しては無力ですがねー。
 4面辺りは特にこれで弾幕を簡単にできるので、実行してみましょー。



 でアレだ、上記のようなことを4面5面で試行錯誤やってたら笑われたぞwwwww
 ハードルナ勢だからって下級者を笑うなwwwww
 あんたらは適当に気合やれば普通にクリアできっかもしれねーけど俺らイージーノーマル勢はこれやらんと無理なんだっつのwww













 さて、今日の夕方プレイしに行ってきまして、私の進行状況。
 前回記事より更に1面進んでいるので注意ー。





☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢

         ネタバレあり!!

☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢ ☢Caution!!☢




 ちなみに最大ネタバレ範囲:6面まで。
























 前回放置してた1~4面をほぼ壊滅させました。残り1枚。
 4面は↑のを意識してやったら全部200枚以内でどうにかなったので楽勝範囲ですね。
 3-4だけがまだ。アレどうやるんじゃー。
 正直全くわからんので、持ち主のリプ見るかも……と思ったらリプ撮ってねぇwwwww
 使えねぇ持ち主だなwwww(ひでぇ
 最悪そのうちネット漁ってリプ拾います。自力じゃ無理そうだ。
 っていうか、リプ見た上で無理という可能性がひしひしと!(笑)
 これパターンだけじゃどうにもならんだろ。気合成分を感じる。

 で、5面は一旦置いといて、全体枚数で条件を満たしたので6面を見てきましたー。

 感想。
 大爆笑。
 ちょっとwwwwwそう来るか神主wwwww

 まず面子。
 勇儀&萃香。
 萃香かー! そうか、前回2枚しか無かったンだっけか弾幕。
 萃香は神主に愛されてるなぁ。そりゃのんべぇ仲間だから当然か!(笑)
 個人的にも萃香は好きなので嬉しい。

 そして弾幕はー。
 鬼の楽しさと恐ろしさを知った。
 まず勇儀! パターン成分多めなのにパワー派っぷりをここまで全開にできるのはすげー!
 全弾幕、初見で爆笑。
 そして萃香! 気合だー!
 ついでに、ちっちゃい萃香とでっかい萃香が可愛くてしょーがない。つーか萃香のドット絵がヤバい。可愛い。
 ……しかしこれ、どっちもどう攻略しよう(笑)

 5面に続いて、つーか5面以上の壁が立ちはだかってくれやがりました。
 この2ステージを連続して配置した、つー事は、初心者は腕が上がるまでここでサヨナラって意味全開ですね神主。
 7面に必要な枚数は全体30シーン。もはやどうあっても5面6面の攻略は絶対に避けられない(最低合計3シーン)。
 完全な初心者バスター。
 そこに、ムラサや一輪はともかく鬼2人を配置した辺り、今回の神主の本気を見た……!(笑)

 勿論、神主のこういった采配に慣れている私は、笑いながら燃え上がるわけです。
 どうにかしてくれようぞ、神主! その挑戦受けて立つ!


 とりあえず、今日の講座の中身を5面相手に試し終わる前に時間が終わってしまったので、今度な(笑)
 つーか、これだけでは抜けられなくなってくるのが5面辺りな気がします。
 個人的に一番嫌らしいのが、上手いこと生理的に弾の進行方向を予想し辛くしてたり……。これがキツいですね、ほんとに。
 抜けたと思ったらパターンが発狂したりなwこっちは好きだから無問題www
 しかしまぁ下級者バスターだらけだわー。


 さて、これで委託前最後の週末、つまりプレイできるタイミングが終わってしまいました。
 入手前はやっぱり全然進まんかった(笑)
 明日から遠出だし、世界樹3出るし、入手後は時間が取れないなぁ。
 ま、プレイさせてもらっただけありがたいと思うか。

 ……メロン様メロン様、間違えて31日にダブスポ送ってくれませんか(爆)

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。